消費者庁及び太陽光発電協会が発表した「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について



消費者庁及び太陽光発電協会が発表した
「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について


2019年1月28日に消費者庁から公表された
「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」の調査報告書に関し、
ご自宅に太陽光発電システムを設置されている皆様に
製品の安全性についてご心配をおかけしております。

既に設置されている住宅用太陽光発電システムは、
下記の通り一部のものであり、
それ以外の住宅用太陽光発電システムは安心してご使用頂けます。




(対象となる設置形態の住宅用太陽光発電システム)


「鋼板等なし型」

b0211845_16062973.jpg

裏面に鋼板がないモジュールをルーフィング上に直接設置するタイプです。




(対象外となる設置形態の住宅用太陽光発電システム)

「屋根置き型」

b0211845_16062911.jpg




「鋼板等敷設型」

b0211845_16062994.jpg


「鋼板等付帯型」
b0211845_16062946.jpg



上記3つは対象外となります。



また、弊社が施工しているパナソニック製の太陽光発電システムについてのご説明は下記のとおりです。



①モジュールについて

今回消費者庁が火災事故再発防止策を発表した
「鋼板等なし型」の住宅用太陽光発電システムは、
2010年以降パナソニックが販売したパナソニックブランドの製品にはありません。


なお、2009年以前に松下電工、パナソニック電工及び三洋電機が
販売した製品の一部に「鋼板等なし型」がありますが、
パナソニックにてリスクアセスメントを実施し、品質や安全上の問題はないと考えております。


②パワーコンディショナについて

機器内部での発煙・発火のケースはありますが、
パナソニックパワーコンディショナは金属の筐体(きょうたい)で覆われており、
家屋等への延焼の事例はありません。



③ケーブルについて

パナソニックの製品で発煙・発火を含む火災の事例はありません。




これらに関するお問い合わせやご質問がございましたら
倉敷木材株式会社086-465-3322まで
ご連絡頂きますようお願いいたします。



by kuramoku2011 | 2019-02-07 10:00 | クラモクニュース  

<< 第13回クラモク杯フットベース... TUKURO イベント2/11... >>