「縁」

木材建材営業部の太田です。

今回は「縁」についてお話したいと思います。

この字は色々な読み方をする字なのですが、建築では「ふち」と読む事が多いこの漢字。
胴縁(どうぶち)、額縁(がくぶち)、廻り縁(まわりぶち)。 読み方は違いますが縁側の
床に使われる長尺の縁甲板(えんこいた)。

建築業界では漢字の当てかたは様々で諸説あるので一概にこれが正解というのは
言えないのですが、一つこれは面白いなと感じたのでご紹介したいと思います。

縁は細くて長いものという意味かあります。
これを当てはめてみると先ほど例に挙げたものは全てその条件に会うんです。

またこの縁という字はえんとも読みます。
こちらは人との縁という使い方で良く使われていますよね。
僕もこの縁という字を大切にして今までの人との縁、これからの人との縁を太く、
長くしていきたいと思います。

金○先生みたいになってしまいましたがまたこのように
感じた事があればご紹介していきたいと思います。

ではまた~。

by kuramoku2011 | 2011-07-15 08:22 | 木材部ログ  

<< お久しぶりイクメン森永です 2011夏 暮らしらぼ 倉敷店... >>